J's English Clubの名前の由来

  • 2019.05.24 Friday
  • 19:01

JUGEMテーマ:聞けて話せる英会話教材と、英会話上達法

 

J's English Club(ジェイズイングリッシュクラブ)の名前の由来について、いつかどこかで書きたいと思っていました。

なんちゃらイングリッシュスクールではなく、なんちゃらイングリッシュクラブというネーミングは、実は、私の師匠が三重県の尾鷲市にかつて設立したカーネルイングリッシュクラブに由来します。

師匠の唯一正当な後継者と、私は自らを以って称しております。現在は神奈川県の藤沢市や埼玉県の川越市にカーネルイングリッシュクラブの名前で活動を続けていらっしゃる英会話教室がございます。それらは、ずいぶん前のことですが、教室の立ち上げに私がかかわったものです。

かつての私は、フランチャイズの加盟教室を結構大々的に募集しました。しかし、そこに限界を感じ現在は直営教室の経営に力を集中しております。北は関東から南は九州まで教室名に、〜イングリッシュクラブを冠する教室は私の関係者か、私自身がその設立に関与した可能性が非常に高いと思っていただいて間違いございません。

 

ジェイズ「イングリッシュクラブ」は、私自身の盟友が設立した教室です。それを3年前に私が実質的な経営を引き継ぎました。

引き継ぐにあたり「ジェイズ」の名前の由来を私が尋ねたところ、Junior(ジュニア)Englishの略だと私の盟友は答えました。しかし、J'sはjuniorの略になっていません。(笑)

しかも「J's」Clubなんて、盟友には失礼ですが、恐らくはバーや美容室がちょっと気取ったネーミングとして使っていそうな名前だと思いました。実際ネットで検索してみると、予想通りの結果でした。しかもJ'sがJuniorの省略だとは、英語の先生として説明できません。そこで、考えてみました。そして思いついたJ'sの由来は、Japan'sです。Japaneseではなく、Japan'sです。もちろんこれも和製英語です。が、「日本のための、そして日本人のための日本人の経営者による日本人の教室ということを強調しているんだ」と、外国人に対してもこじつけの説明が可能です。これからは、もし他人にJ'sの由来を訊かれたなら、上記のこじつけ説明を行います。

 

こっそりですが、ジェイズイングリッシュクラブの名前の由来を公表させていただきました。秘密です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM