コマ回しをしていた子供たち

  • 2019.01.20 Sunday
  • 00:48

JUGEMテーマ:聞けて話せる英会話教材と、英会話上達法

 

今回は英語に関係のないお話をさせていただきます。

 

10日前の1月10日のことです。アポイントはなかったのですが、英語教室への新入生の保護者の授業見学があるかもしれないと思い、阪急幼稚園に訪れました。英語教室として使用させていただいているのは絵本ルームです。園児たちのための図書室です。その建物の一階で放課後わくわく教室というものが開かれております。絵本ルームはその上の階にあります。

わくわく教室は、おうちの方のお迎えが遅い場合の園児一時預かり教室ですね。ちょっとこのあたりの園のシステムについて私はうといので、違っていたらすみません。

そのわくわく教室で、私は、子供たちがコマ回しに興じているのを目撃してしまいました。子供たちは立派にどの子もきれいにコマをまわしていました。手に乗っけたり、綱渡りをさせたりと。

「おお……」と私が見とれていたら、私に気付いた子供たちがわざわざそばに来てくれて、目の前で、かつてコマで遊んでいたころの私と比べて遜色のない腕前を披露してくれました。

今どきの子供たちは、正月の遊びとしては王道であったコマ回しなんかしないんだろうなと思とはなしに勝手に思い込んでいたので、つい「おお……」と声が出てしまったのです。

「コマ回しなんてうちの子の幼稚園でもやっているわ。」と思った方がいらっしゃれば、私の無知をお笑いください。しかし私は、その様子を見て軽く感動してしまったのです。阪急幼稚園グループは、日本の伝統的なことを大切にするのだなと、以前からそんな印象を私は抱えていました。恐らくはその一環としてコマ回しを教えていると、そのときは納得しました。

そして、それ以来この一件をどこかで誰かに伝えたく、ここに書かせていただきました。

 

このとき見かけたわくわくの子供たちのなかに、私の教室の生徒はいませんでした。どちらかと言えばいかつい見かけをしている私なのですが、子供たちは何故かなついてくれます。ありがたいことです。

コメント
コメントする