文科省さん、ありがとう!

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 01:41

JUGEMテーマ:聞けて話せる英会話教材と、英会話上達法

 

元来、うちの生徒たちは中学校に入学して初めて自分の本当の英語力を知ることになっていました。英語を聞いて、話して、読んで、書く自分の能力が、他人に比べてどれほど優れているのかを、中学校に入学して以降実感するのです。そうすると、もう英語に対してのモチベーションが下がることはありません。

しかし、そこまでが結構つらいのです。幼児からスタートしていただいている場合は、大体小3〜4年生あたりで一つのヤマがきます。いや、谷というべきでしょうか。モチベーションが下がる時期です。

ところが、です。特に去年から今年にかけて異変が起きていることを感じます。通常は4年生から文法を学びながら話す練習をがんがんしていただくクラスに、うちの場合は入っていただくわけですが、この子たちのモチベが徐々に回復していくのです。理由は簡単です。学校で行われる英語教育があまりにしょぼ過ぎて、結果、そんな英語教育しか知らない子供たちがうちの生徒の周りで量産されているからです。以前から少数ですが、他の自称英会話教室に通う同世代のお友達とも実はこっそり英語能力を比べ合う場面はあったようですが、現在は比べる相手の数が膨れ上がっています。もうね、文科省さん、ありがとうとしか言えないですね。いや、私は、大阪市の教育委員会に対して救いの手を差し伸べようとしたのですから、このように述べる権利はあるかと思います。

 

2020年度の教育改悪に向け、どのような準備を行うかは自治体任せとなっており、そのせいで授業時間数などに差異はございます。とは言え、もとが酷いのですから、結果は噴飯ものです。例えば、なんの脈絡もなく「今日の天気はどうですか?」的な受け答えを丸暗記させたりと。当然文法の裏打ちもなくこんなことを教えられても子供たちの記憶はもって3か月です。まあ、こんな授業は自称英会話教室でも普通の光景ですけどね。

 

自称英会話教室の皆さま、さらにさらに文科省さん、ご協力に本当に感謝、感謝です。一度深くお礼を言いたくて、今回の記事を書かせていただきました。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM