日本人が英語を苦手とする理由

  • 2019.02.18 Monday
  • 00:02

JUGEMテーマ:聞けて話せる英会話教材と、英会話上達法

 

日本人は英語が苦手です。

日本のTOEFLにおける世界ランキングは、毎年世界最下位のあたりをうろついております。韓国や中国は、最近は割と中堅程度にランキングされていたりします。

スピーキングのテストが標準に付加されていないので、スピーキング力まで付加されたランキングが私には不明です。きちんと調べれば、そのあたりも確認できるかもしれませんが。

 

なぜ日本人は英語が苦手なのでしょう?英会話スクールとしては、その「なぜ」が分かっていなければなりません。じゃないと、めちゃくちゃ当たり前ですが、適切な対策が取れないからです。

 

英語の発音が難しいから?

それも理由の一つになりえますが、大した問題ではありません。英語を公用語とするインドや、マニアックかもしれませんがナイジェリア、あるいはかつて英語を公用語としていたフィリピンなど、それらの国から来た人たちと英語で会話をする機会をもったことがあります。正直、私の英語の発音の方が、アメリカ人の発音に近いなと思いました。あるいは、私の大阪弁の英語でも、ネイティヴには普通に通じます。

 

日本人は外国人を前にすると臆してしゃべれなくなる?

この意見を、英語教育の専門家でもない人たちから自称専門家まで、声高に語る人間の多いこと。この意見には何の根拠もありません。なかには「海外に行ったとき、日本人だけが発言しなかった」と、語る人もいますが、それと英語が話せないことに論理的なつながりはありません。むしろ、英語が話せないから日本人は静かなのです。順序が逆です。2020年の指導要領の改訂でも、文部省はバカなこと言っています。「英語で発言できる日本人を育てよう」ですか。その前に、英語を話せるようにしないとね。さらにその前に、人前で自分の意見を述べることができる子供を育てないとね。それは英語力の問題とは何も関係ない能力です。まあ、世の中の英語教育の専門家なんてこの程度です。もし他人に話しかける能力が英語力につながっているのなら、大阪のおばちゃんたちは、日本国中で最も英会話が得意なはずなんですがねぇ。(大阪のおばさま方、ごめんなさい。)

 

日本人が英語を苦手とするその、本当の理由は、日本人が日本語を母語としているからです。これが決定的な理由です。

日本語は言語学的に、ウラル・アルタイ語に属します。最近は、ウラル語族とアルタイ語族を区別するらしいですが、私は言語学の専門家ではありませんので、そこは深く追求しないでいただければ幸いです。

ともかく、日本語では述語を文の最後におきます。つまりその順序で物事を考えます。英語だけでなく西洋語の大半、中国語及び中国語族に含まれる東南アジアの諸言語では、述語は文の前の方に置かれます。とすると世界の人口のおよそ9割くらいの人が、日本語とは逆さまの文法を用いて言葉をしゃべっているのです。

流暢に言葉を操るためには、考えることとしゃべることを同時に行わなければなりません。英語を流暢に話そうと思えば思うほど、日本人は慌てて思考の順序を変えることを強いられるのです。そりゃ、ストレスが貯まりますよね。

TOEFLの世界ランキングはあてにならない面もあります。基本的にスピーキング能力が含まれないこともありますが、それよりTOEFLを受験しているのが、その国のエリート層だという問題です。日本ではそんなこともないでしょうが、先進国ではない国においては、受験生の大半が一般人とは言えない可能性が高いのです。そういう問題はありますが、かつて韓国の世界ランキングも日本と似たり寄ったりでした。しかしかの国は、15年くらい前でしたっけ、突如英語教育に強烈な熱意を注ぐようになりました。それ以来、中堅どころにランキングを上げました。モンゴルあたりも日本と似たり寄ったりのランキングを今も保っているはずです。

さて、日本語、韓国語、モンゴル語に共通することは何でしょう。

そうです。ウラル・アルタイ語族です。なんと分かりやすいエヴィデンスでしょう。

エヴィデンス(笑)。証拠または根拠と訳します。日本語でいいじゃないか、ですよね。何かとエラい人たちは英語を使いたがります。ごめんなさい。話がそれました。しかし、日本人が英語を苦手とする理由は以上で証明終わりです。

 

なぜ私たちが、特に英語の語順を低学年で身に付けていただくことにこだわるのか。低学年で知識教育に力を入れても、どうせ忘れ去られてしまいます。それは、脳の成長に起因するからです。しかし、自転車に乗る技術は体で覚えるので、幼児で自転車に乗れるようになった人間は永久に自転車に乗る能力を失いません。それと同じことを私たちは狙っているのです。身体で英語の語順を覚えていただき、身体で英語独特の音声を身に付けていただくのです。

 

日本国内の学校だけでなく、英会話教室に通って英語が話せるようになった経験のない日本人だらけです。そのせいで、様々な、都市伝説のような英語勉強法や英会話教室の言うことをついうっかり信じてしまったりします。論理的に、冷静に考えましょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM